冬にロングブーツを履きたいと思う人は多いのではないでしょうか?

ロングブーツはショートブーツよりスタイルがよく見えますし、夏にはなかなか穿けないミニスカートも、ブーツと合わせれば大丈夫!

ですが、ロングブーツはどれでも履けるわけではないですよね。

まずは試着で入るか確かめなければダメです。

が、この試着がまず第一関門!

店員さんが見守る中、チャックが上がらなかった時の恥ずかしさ…。

たくさんの人が経験したことがあると思います。

この、チャックが上がらない、というのは、あなたが太いからではない場合が多いんですよ!

かなりの確率でむくみの影響があると、靴売り場のベテランシューフィッターが言っていました。

その時チャックが上がらなくても、後日むくんでいない時に履いてみるとチャックが上がる人がたくさんいるそうです。

それなら、むくんでいない状態をキープできればおしゃれの幅が広がりますよね!

ところが冬は一年の中で一番むくみやすい季節なのです。

どうして冬が一番むくみやすいのか、そしてどうすれば冬のむくみを防げるのか、調べてみました。

 

冬はなぜむくみやすいのか?

 

冬にむくみがひどくなる人は多いのではないでしょうか?

冬にむくみが起きる大きな原因は二つあります。

 

1、水分の不足

夏は汗をかくので、意識しなくても水分をとります。

冬は寒く、トイレも近くなるのを嫌って水分をとらない人が増えます。

けれど、むくみは体内の血液やリンパ液などの「巡り」が滞ることでおきるため、水分が足りないとむくみが起きやすくなってしまうのです。

 

2、代謝の低下

冬は他の季節と比べて運動量が減るため、筋肉量が減ってしまいます。

筋肉は血液やリンパ液を循環させるためのポンプのような役割を持っているので、筋肉が減るとポンプが弱まって「巡り」が滞ってしまいます。

また、寒さなどで血行不良になって筋肉が固くなるのも代謝を下げる原因になります。

 

では、水分をとって、運動すればいいのでしょうか?

 

水分のとりすぎもむくみの原因!?

 

水分をとらないことでむくみが起きるなら、水分をたくさんとればいいと思うかもしれません。

「水を1日2リットル飲もう」などというのを聞いたことがある人もいると思います。

水分をとって、滞りをなくせば、むくみ解消できそうですよね。

ですが、ここで注意したいのが、実は水分のとりすぎもむくみの原因となるということなのです。

とらなくてもダメ、とりすぎてもダメ、じゃあどうすればいいの!?となりますよね。

それには、体内に取り込んだ水分をしっかり排出する必要があるのです。

 

スルスルむくみんでしっかり水分を巡らせて、排出しよう!

 

まず、水分は適度にとりましょう。

喉が渇いたらきちんと飲む、ということで大丈夫です。

ここで注意したいのが、温度です。

冬はただでさえ体が冷えてむくみやすくなっています。

なので、できるだけ冷たい飲み物は避け、常温や温かい飲み物を飲むように心がけてください。

 

水分をとったら、排出しなければいけません。

けれど、排出は意識してもできることじゃないですよね。

もし水分をとってむくみがひどくなったりしたら、あなたの体は排出の力が下がっているのかもしれません。

 

そんな時におすすめなのがスルスルむくみんです。

スルスルむくみんに含まれる「ブッチャーズブルーム」というものには、高い利尿作用があります。

利尿作用が高すぎて、副作用だと思う人もいるようですが、そうではないので安心してください。

「ブッチャーズブルーム」はメディカルハーブとしてヨーロッパでは有名で、ドイツでは医療の現場で使用されているほどのものなのです。

 

冬のむくみにこそスルスルむくみん?

 

冬は運動量も下がり、冷えが原因のむくみが起きやすい季節です。

だからといって運動できるようになればいいですが、そうもいかない人はサプリメントで改善するのもいいと思います。

スルスルむくみんは体内の「巡り」を改善してくれるサプリメントです。

「巡り」が滞りがちな冬にこそ、飲んでみると効果がよくわかると思いますよ!

もし冬のむくみにお悩みでしたら、一度お試しください。

 

〉スルスルむくみんでむくみ撃退

未分類の関連記事
  • むくみ解消するだけじゃ足りない!下半身デブにサヨナラするには
  • スルスルむくみんでむくみ対策だけするのは損!口コミで多い想定外の効果
  • スルスルむくみんの副作用?冬のむくみ対策で注意するべきこと
  • スルスルむくみんのブッチャーズブルームって何?むくみに効果は?
  • スルスルむくみんで脚やせは不可能?ダイエットサプリメントとの違いは?
  • スルスルむくみんの副作用に注意!服用を控えるべき人は?
おすすめの記事