むくみに効果があると話題のサプリメント、スルスルむくみんですが、

その成分の中でも「ブッチャーズブルーム」という成分が特にむくみに効果があるそうです。

「ブッチャーズブルーム」とはどんな成分なのか、そしてなぜむくみに効果があるのか、調べてみました!

 

スルスルむくみんの「ブッチャーズブルーム」って?

 

まずブッチャーズブルームとは何なのでしょうか?

 

ブッチャーズブルームは、地中海沿岸原産のユリ科の常緑小低木で、日本ではナギイカダと呼ばれています。

その名前「ブッチャーズブルーム」とは、「肉屋のほうき」と言う意味です。

 

葉は退化していて、代わりに茎が葉のような形に伸びます。

その茎の上に花が咲くという、ちょっと変わった植物です。

春から夏にかけて花が咲いて、冬になると赤い実をつけます。

そしてその根と若い茎からとったエキスに、有効効果が含まれているのです。

 

ヨーロッパではハーブティーなどで飲まれたり、メディカルハーブとして利用されています。

 

ブッチャーズブルームの主な効果は?

 

ブッチャーズブルームの根は薬用として使われています。

ブッチャーズブルームの有効成分、ルスコゲニンとネオルスコジニンが血管を強化し、血行を良くします。

 

その主な効果は、

 

・血液循環を促進

・脚の血行不良によるむくみを改善

・便秘を解消する

 

などで、血行を良くするので静脈不全の対策に使われています。

ドイツでは医薬品として認められているのです。

 

ブッチャーズブルームはむくみ、セルライトに効果はあるの?

 

足のむくみ解消にはブッチャーズブルームの根の部分のエキス使われます。

ブッチャーズブルームは、血流を良くし細胞に栄養分を届けたり、細胞の中に溜まった不純物を取り込んで排泄するなどの働きがあるといわれています。

なので、足のむくみを解消すると同時に浮き出た血管を目立たなくし、むくみによる痛みや血行不良、セルライトの改善が期待できるのです。

また、ブッチャーズブルームには穏やかな利尿作用があり、それもむくみを改善するのに効果を発揮しています。

 

ブッチャーズブルームの他の効果は?

 

ブッチャーズブルームは血液の流れをよくする効果があります。

 

それによって慢性静脈不全を改善できるという報告がありました。

慢性静脈不全とは、静脈の滞りが慢性化して、下肢に血液がうっ滞することで起こる病気のことです。

足のむくみや痛みも慢性静脈不全によって起こる可能性もあります。

他にも足の血管が浮き出て見えたり、足のだるさ、重さ、疲れ、足のつり(こむらがえり)、皮膚の黒ずみなどの症状があります。

 

またブッチャーズブルームは、血液の流れを良くするため、動脈硬化の予防だけでなく冷え症の改善やダイエットにも効果的であると考えられています。

 

まとめ

 

ブッチャーズブルームは、血液の流れをよくする効果が高いことがわかりました。

ヨーロッパでは古くから親しまれ、ドイツではメディカルハーブとして医療の現場でも使われているすごい植物でした。

 

むくみもセルライトも、体の「巡り」が滞って起きるものです。

スルスルむくみんがむくみとセルライトに効果があるのは、ブッチャーズブルームが入っているからだったんですね!

効果があるのも当然だということがわかりました!

スルスルむくみんをお得に始めたい人はこちら

未分類の関連記事
  • むくみ解消するだけじゃ足りない!下半身デブにサヨナラするには
  • スルスルむくみんでむくみ対策だけするのは損!口コミで多い想定外の効果
  • スルスルむくみんの副作用?冬のむくみ対策で注意するべきこと
  • スルスルむくみんのブッチャーズブルームって何?むくみに効果は?
  • スルスルむくみんで脚やせは不可能?ダイエットサプリメントとの違いは?
  • スルスルむくみんの副作用に注意!服用を控えるべき人は?
おすすめの記事